Archive

Posts Tagged ‘京都’

どうなんだろうか

2 月 4th, 2010

何回か前のブログでお墓参りや結婚式などがいずれデジタル化される時代が来るのではと書きましたが、早速見つけてしまいました「エア参拝」。京都の縁結びの地主神社のサイトです。とうとうこんな時代が来たのかって感じです。

まあ、ナレーションの「シィフトゥキー」とかの英語発音がおもしろかったので良しとしますか。

エア願かけで石から石へとうまく渡れたし(笑)最後はしっかり愛のメッセージ奉納もお忘れなく!

京都 地主神社

WEB, webサイト, アイデア, デジタルばなし, ブログ, 京都, 癒し , , ,

シルバーウィーク #2

9 月 24th, 2009

シルバーウィーク2つ目は、京都一乗寺にある恵文社という本屋さんに行ってきました。

Read more…

京都, 旅行 , , ,

シルバーウィーク #1

9 月 24th, 2009

シルバーウィークは京都へ行きました。

Read more…

グルメ, 京都, 旅行 , , ,

京都ぶらぶら

11 月 25th, 2008

昨日は久しぶりの京都ぶらぶらでした。

最近京都ではまっているのは、寺町商店街にあるスマートという喫茶店のランチ。
外観はごくごく普通の茶店なのですが、2階のランチが有名らしい。
いつも並んで待っているぐらいです。
ということで昨日は2回目の訪問です。
私はここのランチが大いに気に入っています。
何がいいかと言うと、

・客層が上品
・接客が気持ちいい
・料理がおいしい(これは当たり前か)
・会計はテーブルで
・スープが熱い(食器を温めている)
・量が少ない
・コーヒーがおいしい etc・・・

とここまで聞くとすんごい値段が高いように思いますが、ランチが950円、スープが350円ぐらいのお手ごろなところもまたいい。
量が少ないというと、多い方がいいんじゃないの?って思いがちですが、料理は量も大切な「味」の要素だと思っています。
大学近くの学生さん相手のお店だと量が多い方がいいでしょう。しかしそうでなければあまり多すぎるのも味を損ねてしまうような気がします。料理を残すのが嫌いな私には量が多いと全部食べねばならなという義務感にとらわれてしまします。

私はハンバーグとクリームコロッケ

嫁っこはオムライス

喫茶スマート≫地図

京都に行くと必ず寄るのが錦市場のつけもんやさん。
ここの田舎漬けは強烈すっぱくておいしい。
最近2回ほど行って漬け込み中で手に入らず、3度目でGET!

つけもん屋≫地図

ついでに昨日はめがねも買っちまったよ。
COMPLEXって名前のお店でSPIVVYってブランド名らしい。。
めがね屋≫地図

さりげに顔面公開!

ブログ

レーコー

10 月 5th, 2008
Comments Off

この前京都に遊びに行った時、ちょっとした遊び心が働いて喫茶店でアイスコーヒーを注文する時にあえて「レーコー」って言ってみました^^
我ながらちょっと勇気のいる行動でした^^
ウェイトレスの女性の方はほんの一瞬ためらったのですが、すぐに「はい」と分かってもらえたようです。
もう今日びレーコーって言わないんですよね。
若い人たちは、分からないと思うのであえて解説。
アイス→冷たい、いわゆる冷たいコーヒーの省略形 「冷コー」ですね。

時代とともに言葉もかわるのでしょうが、古い考えなのか私は昔の言葉も好きです。

● スパゲッティ→パスタ

マカロニとかペンネとかいろいろあるやろうけど、やっぱあの麺タイプのやつはスパゲッティと呼んでやってほしい。スパゲティじゃないでスパゲッティやで。

● 喫茶店→カフェ

上でもあえて喫茶店と書いてますが、喫茶店は喫茶店!茶を満喫する店や!

● ケーキ→スイーツ

スパゲッティといっしょでスイーツもケーキだけとは限らないけどケーキはケーキと呼んであげて。

● Gパンもしくはジーンズ→デニム

ジーンズもデニムも生地の名前らしい。さすがに若い女の子がGパンと言うと私も引いてしましますが、ジーンズでええやん。

● 大リーグ→メジャー

昔はみんな大リーグ言うとったんよ。う~んこれはメジャーでええかな。

● トレンディー→おしゃれ

「うわーこの服めっちゃトレンディーやん」ってバブルの頃なんか使ってましたね。トレンディーは封印です。使っちゃだめです^^危険です^^

● 昼めし→ランチ

若い女の子が「ねえ、昼めし行かない」って言うとこれまたどん引きですね。ランチでいいっす。でもアラフォーあたりの男性諸氏は「昼めし」やで。

● レモンスカッシュ→レスカ

レスカってひびき懐かしいねー。これはあえてレスカの方がいいなー。

※上記表現により、くすくす笑われてもこちらでは一切の責任を負いかねます^^

ブログ

ドイツ・ポスター 1890–1933

3 月 3rd, 2008
Comments Off

昨日は久しぶりの京都でした。

京都国立近代美術館にドイツ・ポスター展を見るためです。

最近嫁さんとデザインのことをあれこれ語っている時に、「もっともっと美術展行ったりしていろんなものを見た方がいいねん」ということになりました。

これは、前々から嫁さんには口すっぱく言われていたことであり、自分も納得している部分であります。

かくいう嫁さんも絵を書かせるとメチャクチャうまいんです。

何しろ小学生の時に描いた絵がソ連の新聞に載ったとか。

ということで、これからは積極的に美術展に足を運んで、デザイン力にもっと磨きをかけていこうと思っています。

昨日見た「ドイツ・ポスター 1890-1933」は、昔のドイツのポスターを集めたものでほとんどがレトロな感じのものでした。

いろんな意味で勉強になりましたが、やっぱ自分はアンディ・ウォーホールのようなポップな感じが好きですわ。

真向かいにある京都市美術館 では、京都造形芸術大学の卒業制作展も開催されていましたので、そちらの方もついでに見てきました。

学生さんとはいえ、中にはすばらしいものがありました。

次回は何を見ようか。。。

美術展 ,

宵山に酔いしれる

7 月 16th, 2005
Comments Off

“コーンチーキチーン、コーンチーキチーン”

今日は京都祇園祭の宵山に行って来ました。

人人人人・・・・どっからあんなにたくさんの人が集まるんでしょうか。

長刀鉾の前を通過するときには、人が多すぎて酸素が薄かったような気がします。

あの大きな四条通り、烏丸通りが歩行者天国になって人でぎゅうぎゅう。

何百件もの夜店。

学生の頃は京都に住んでいましたが、一回も行った事がなく、こんなにすごいものとは夢にも思っていませんでした。

警察は何百人動員されているんでしょうか。

車の通行よりも、何百年も前から続く歴史の方が優先されるんですね。
鉾を見てふと思いました。

「大昔の人にとって山鉾巡行は、現代のディズニーのパレードみたいなもんやったんかなー」と。

ブログ , ,

運勢、占い

5 月 29th, 2005
Comments Off

以前私は、京都の三条木屋町付近である占い師に見てもらいました。

占い師というよりもその方は、人から出る「気」と言うか「パワー」が見える方で、一般的によく見かける占い師とはちょっと違う感じでした。

普通は「何年後にあなたは・・・なるから・・・したほうがいいですよ」的な感じすが、その方の場合は「あなたからは・・・なエネルギーが出ているので・・・の道に進むのはとてもいいと思います」みたいな、占星術の数字による計算の占いでなく、エネルギーの出方、種類で判断するという見方です。

それまでは、たまに占い師に見てもらったりしたことはあったのですが、その人に出会ってからはこれは本物だと思いました。

街角で見てもらって以来、何回かその方の自宅まで伺って、みてもらったこともあります。料金も案外安く街角で見てもらったときは2000円で、自宅で見てもらったときは1時間で初回が8000円2回目以降は6000円でした。

その方に2回ほどみてもらって以降1回他の占い師にみてもらったのですが、とてもうさんくさく2万円もしました。

うちの妻や義理の母や妹にも紹介したのですが、大好評でみんな2回ほど行ってみてもらいました。笑顔の素敵な若い女性の方で、とても和やかな雰囲気の方です。

最初見たときは少し神秘的な感じで、気を見てるときも、「どこを見てるんだろう」と言う感じでした。

その人に会うだけで何か癒されるような感じになるのは気のせいでしょうか。

一度興味のある方は行ってみてください。場所は京都の地下鉄蹴上駅を出て歩いて5分ほどのところです。詳しく知りたい方はご連絡ください。

ブログ , ,