Home > WEB, iPad, iPhone, webサイト, アイデア, インターネット, 旅行 > スマホでインターネットinハワイ

スマホでインターネットinハワイ


アメリカに行った時に結構費用がかさむのがスマホでのインターネット代です。やはり、街中でメールチェックやGooglemapも使いたいのでスマホでのネット接続は必須となってきていますよね。また、友だちや家族と現地で連絡を取りあいたいのでおまけに電話もできれば最高です。現在Softbankの海外パケットし放題の場合25Mbまでで1980円/日、25Mb以上ですと2980円/日がかかるので、10日ほど滞在すると最低でも19800円かかってしまいます。海外ではSoftbank同士携帯がつながらなかった経験もあるのでこれもまた不便であります。

そこで今回ハワイに行った時に行った方法は、アメリカの電話会社であるAT&Tが提供しているgophoneというプリペイド携帯を使うことです。

妻と私との2人旅なので、条件としてお互いが離れた時に電話ができるようにしたいということと、私個人のGmailを街中で確認できること、あと妻のメールがiPhoneのSoftbankのメールアドレスなので、テザリングで妻のiPhoneをネットにつなげることでした。

まず、日本を出国する前に準備したことは、アメリカで使えるSIMフリーかつテザリングができるスマートフォンをできるだけ安価に手に入れることと、そのSIMフリー携帯を現地でアクティベーションできるようにSIMカードを手に入れることでした。

アメリカで使えるSIMフリーかつテザリングができるスマートフォンをできるだけ安価に手に入れるということはAmazonで購入です。Huawei IDEOS U8150-B Pocket WIFI (SIM Free海外版)Android2.2. Skype/携帯電話を購入しました( IDEOS U8150-Dなどもありますがこれは日本で使えますが、アメリカでは帯域周波数的に使えません)。1万2千円ほどし一見海外パケットし放題の方がお得なような気がしますが、2回目の海外旅行以降この分の費用がかからないので、初期投資として仕方ないでしょう。そして次にSIMフリーカードですが、ebayで数百円で購入しました。こういったページにたくさんあり海外に発送してもらえるものがあります。なぜSIMカードを予め用意するかと言いますと、SIMカードによっては持って行ったスマホで使えるものと使えないものがあり、現地で調達したものが使えないものばかりだとこの計画は全ておじゃんになるので確実に使えるものを用意したということです。参考にしたのはこちらのサイトです。今回私の場合SKU71274の分を購入しました。

まず、ハワイに着いて行ったことは妻との電話連絡を取るための妻のガラケーを購入することでした。妻はiPhoneのメールチェックをテザリングで行えればいいので、ただ電話ができるガラケーが必要となります。ハワイの空港からWaikikiに向かう途中BestBuyという家電量販店があるのでそこに立ち寄り4ドルのガラケー(320円てどんなけ安いん!)と15ドル分のプリペイド通話カード(リフィルカード)を購入しました。すぐに店員さんがアクティベイトするかと尋ねるのでYESと答えるとすぐにアクティベイト作業にとりかかってくれました。アクティベイトするには約10分ほどかかります。アクティベイトすると、先ほど購入した15ドル分のカードも使えるようにリフィルしてもらえます。これで妻のガラケーは使用可能状態になりました。次に私の方ですがHuawei IDEOS U8150-B Pocket WIFI (SIM Free海外版)Android2.2. Skype/携帯電話をアクティベイトしなければなりません。アクティベーションなどもこちらを参考にしました。ウェブサイトからアクティベーションすることになりますが、これは持っていったノートパソコンをホテルが提供している無料Wifiに繋げてウェブ経由でアクティベーションしました。アクティベーション時にはSMSでパスワードが送られてきますのでスマホのSMSを開けて確認する必要などがあります。そして次に妻の分とは別に購入したプリペイド通話カード15ドル分をアクティベートしたスマホにリフィルする作業です。これをすることで妻と1分あたり数セントで電話連絡が出来るようになります。リフィルの仕方は購入したカードの裏に書いているのでそのとおりやると簡単にできます。そしてもうひとつ肝心な作業はAT&Tのデータ通信を使うための作業です。要するに街中でスマホを使ってインターネットを利用するためのものです。AT&TはMediaNetというDataPackageを用意しているのでそれを購入するとデータ通信ができるようになります。今回は100Mbで19.99ドルのものを購入しました。だいたい通常利用で1週間ほどこれでもちました。ここで少々手こずったことは、クレジットカードを使ってウェブから購入するのですが、住所がアメリカの住所を入れるのですが英語の画面では選択できなかったので、スペイン語の画面を選んでするとうまくいきました。こちらのコメントの「シカゴで試したよ」を参照。あと、気を付けなければならないことはスマホにキャリアプロファイルを追加しなければならないことです。こちらに設定が書いてあります。それと、すべての設定が完了したあとスマホを再起動しなければデータ通信ができなかったことです。

これで、一通りの段取りが完了です。妻とのテスト通話もうまくいきました。スマホからGmailやfacebook、ツイッターなどが使えます(ちょっと感動)。スマホをテザリング機にするとSoftbankの妻のiPhoneも使えるようになってます。注意点としてはテザリングをするとスマホの電池の減りがかなり早いということです。インターネットの速さとしてはそんなに速くはないですが、ストレスを感じるほどでもなく快適に使えました。10日間滞在しましたが通話料は15ドル分でかなりの通話ができ充分です。

スマホやSIMカードを事前に準備したり、現地でアクティベーションしたりと少々ややこしいですが、現地で仲間と電話連絡がとれたり、インターネットを安価に使える方法としては最適だと思います。インターネットを使わなくていいのならば、BestBuyに行って4ドルのガラケーを2台買って15ドルのリフィルカードを2枚買って使うという方法もあります。

今回スマホ購入費を除いてかかった費用は、

ガラケー$4、リフィルカード2枚で$30、MediaNetのデータ通信費約$20 合計$54=4320円です。妻と私の分を海外パケットし放題していると約4万円かかることを考えるとかなりお得です。しかも電話もできるので。

上の写真は4ドルのガラケー

iPhone派の方はアメリカでSIMフリーの機種が発売されたのでそれを購入して日本とアメリカで同じiPhoneを使うという方法があります。

http://d.hatena.ne.jp/rx7/20120109/p1

http://d.1555.info/2011/11/07/get-sim-free-iphone-4s-in-us/

この方法は日本の携帯会社がどこまでSIMフリーに対応しているかということとCDMAには対応していないのでAUでは使えないということになります。日本通信が提供しているサービスだと日本で使えるかもしれないです。

今回参考にしたサイトは

http://www.lifehacker.jp/2011/05/110506mobilephoneoversea.html

http://d.hatena.ne.jp/sgrmatha/20101217/1292595506

http://palmyamcha.hkisl.net/?p=3511

http://peer2.net/sjdojo/?p=3279&page=2

http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=301

関連する投稿

WEB, iPad, iPhone, webサイト, アイデア, インターネット, 旅行 , , , , , , , , , , , , ,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.