自炊をやってみて

自炊というのをやってみました。自炊と言っても自分でご飯を炊くあの自炊ではなく、本を電子化することを自炊というらしいのです。で、なぜ自炊なのかですが、今勉強している映像系のレクチャー本が辞書ぐらい分厚く、しかもB5ぐらいの大きさなので持ち運びに重く、分厚いので開けているとすぐ閉じようとしてしまいます。また、他にも映像系の本がいくつかありどれも常に持ち運びたいのですが、どれも重く何かいい方法がないかと思案した結果、電子化して今噂のiPadに入れて持ち運べばいいんでないかという想念がふつふつと湧いて来たからです。アメリカでは自炊しなくても、すでにAmazonなどで電子書籍といった形でKindleという端末で本を読めるようになっていますが、日本ではまだまだ電子書籍が普及しておらず、どうしても自炊しなければならない状態です。

で、自炊の方法ですが大きく分けて2つの方法が考えられます。

1つは、書籍を電子化するのを代行する業者に依頼する方法です。2つ目は自分でスキャナーを買って自炊する方法です。前者の場合ネットで申し込みクレジット決済などを行った後、本を送りつけると裁断〜スキャニングを行い、裁断した本は処分してもらえます。処分がいやなら返送してもらいます。後者の場合機械と裁断機を買えば後は自分の作業だけなので費用がかかりません。

私の場合は、自炊したい書籍が今のところそんなに多くもないので(厳密に言うと持っている本のほとんどを裁断する勇気がない)わざわざ機械を購入してまでというのと、自分でするのは面倒ということで自炊業者にお願いすることにしました。

電子化.com http://www.densika.com/index.html というところにお願いしたのですが、業者がやるのだからさぞかしきれいに出来上がるだろうと期待していたにもかかわらず、出来上がったファイルは何だかいまいち。。

300dpiの解像度なのと写真やイラストが多いのでどうしても粗さが目立ってしまうためでしょうか。しかし、イラストなどにノイズのような縦線がたくさん入るのはいただけない感じがしました。1冊300円ぐらいなので、そんなものなのかとも思いました。+80円で600dpiにも出来たのですが、考えを切替え裁断した本も返してもらい自分で自炊することに決めました。

で、ネットであれこれ調べると富士通の『ScanSnap S1500』というマシンが自炊には最高にいいらしいことが分かり、Amazonのレビューも読みまくり買うことに決めました。通常、電化製品はポイントがおいしいヨドバシカメラで購入するのですが、ヨドバシカメラの値段を見るとポイントも換算して計算してみてもAmazonの方が安いのです。しかも今まで知らなかったのですがAmazonのお急ぎ便って追加料金かからないんですよね。それで、結局Amazonで購入し翌日届きました。『ScanSnap S1500』を購入すると裁断機も合わせて買う人も多く、裁断機もだいぶ悩みましたが大体私の場合そこまでいらないかもなというのを買うと後悔することがほとんどなので、ここはぐっとこらえて裁断機は断念です。裁断機まで買うと合計7万円ぐらいになりますし。後で分かったことなのですが、近所の田村コピーに尋ねると裁断だけ1冊100円でやってもらえることがわかりました。ちなみにKinko’sでも100でやってもらえます。3万円の裁断機なら300冊分に相当しそこまで自炊することもないだろうしとりあえず正解かな。

肝心な『ScanSnap S1500』の使い心地ですが、ひとことで言うと速い!まるで、何十枚もコピーを取るのとほとんど同じ感覚。しかも重送もないし、あったとしても教えてくれるみたい。使い始めの設定も簡単だし、ほとんど言う事なしです。自炊だけで考えてましたが、webの制作でも力を発揮しスキャニングが大助かりです。購入して正解!!そして、驚くことにOCR機能も付いていてpdfファイルなのに検索もできてしましいます。早速できあがったファイルをiPadに放りこんで快適生活を送りつつあります。iPadでは『Good Reader』というアプリを使うとさらに相乗効果で快適です。『Good Reader』については後の機会にご紹介したいです。

–自炊総論ーー

これからは、書籍は電子化の時代だなと思いつつも紙のあの感じもなかなかいいもので、本の厚みで気合を入れて読もうとか、もう半分ぐらいまできたかみたいな感じが電子書籍にはなく、なかなか慣れるのは時間がかかりそうな気がします。ですが極端なはなし何百冊も持ち歩けるというのはリアルな本だと不可能なので、魅力です。何事にも光と影があるものですね。

関連する投稿

iPad, アイデア, ステーショナリー, デジタルハリウッド , , , , , ,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.