電話がなくなる日

昨日、米スカイプが上場するというニュースが飛び込んできたので電話について少し考えてみました。

スカイプといのは、ご存知のとおりインターネット回線を通じて電話ができるソフトです。(会社名でもありソフトの名前でもあるのですが)

スカイプのユーザー同士は世界中無料で通話ができ、スカイプユーザー同士でない場合でも格安で電話ができます。

日本で一般的に使われている所謂「ガラケー」と呼ばれる携帯電話ではスカイプを使うことは出来ませんでしたが、最近流行りのiPhoneだとかアンドロイド携帯などのスマートフォンではスカイプが携帯電話3G回線を通じてでも使えるようになりました。

携帯でスカイプが使えるならば、携帯電話というもの自体が要らないのではないだろうか。小型インターネット端末にスカイプをインストールすれば事足りてしまうのですから。今の携帯やスマートフォンはあくまでも電話機であってその他の機能は付属(おまけ)みたいな感じです。今やインターネットが中心の世の中だから、小型のPCを持ち歩きその機能のひとつに電話機能が付いているという感じになっていくと思うのです。なので、電話番号自体を持ってることが古くなり、電話をかけるときはスカイプユーザー名が分かれば充分でしょう。今ではどこの企業もインターネットを引いているので、企業もスカイプでいいはずです。電話をかけるという言葉も死語になり、スカイプをかけるってなるでしょうね。そうなると大変なのはNTTで、屋台骨を支えている固定電話の契約数がどんどん減っていくでしょう。実際、私は携帯電話があるからということで、自宅の固定電話を解約しましたが全く不自由していない状態です。親からも、友人からもみんな携帯にかかてくるのですから。

スカイプは1日に30万人が登録し、全登録者数は前年同月比41%増の5億6000万人が登録しています。大半が無料利用者で810万人が有料利用者です。

まだ、あまり多くの人に認知されていないスカイプですが電話会社、携帯会社を呑み込んでしまうぐらいの潜在能力を持った会社です。そのスカイプが上場されるのですが、株を取得すれば株価も化けるかもしれないです。Googleが上場した時は株の経験がなくて逃してしまいましたが、今回のスカイプは買ってみたいと思ってます。

関連する投稿

WEB, iPhone, インターネット, デジタルばなし, , 金融・経済 , , , ,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.