Home > WEB, webサイト, デジタルばなし, > ツイッターノミクス

ツイッターノミクス

前回読んだ『ビジネス・ツイッター』に引き続き、爆発的に広がりを見せるツイッターの可能性を探るべく今回はアメリカのアルファブロガで有名なタラ・ハントの著書『ツイッターノミクス』を読んでみました。

この本は単なるツイッターの指南書ではなく、益々社会に浸透しつつあるソーシャルメディアを個人としてあるいは企業としてどのようにうまく利用していくかを、様々な実例を挙げながら解説しています。
この本の中ではソーシャルメディアで成功するためには「ウッフィー」をたくさん獲得することだと述べられています。
「ウッフィー」とは何か。それはオンラインの世界で流通する仮想通貨のようなもので、情報を無料で与えると増えたりします。つまるところ「ウッフィー」とは「信用」とも言えるでしょう。
個人であれ、企業であれこの「ウッフィー」を減らすことは自滅を意味します。
オンラインでは大声で叫んだり(やたらめったら宣伝活動したり)すると「ウッフィー」を減らすことになります。ソーシャルメディアでは自分ひとりがやっているのではなく人と人の繋がりなので、相手を無視した行動は「ウッフィー」を減らす結果になります。
本書を通して感じたことは、ソーシャル・メディアと云えども結局のところ一般的な企業が掲げている『お客様第一主義』『お客様は神様です』的なところと何ら変わりはなく、影響力のあるブロガーに商品の宣伝をさせるような顧客を欺むく行為は致命的になりかねないということです。
この世はネットを使おうが、人がつながっているので人としての根本的な善意に基づく行為が大事なんだなと考えさせられた一冊です。

ツイッターノミクス TwitterNomics

関連する投稿

WEB, webサイト, デジタルばなし, , ,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.