Home > WEB, iPhone, webサイト, アイデア, デジタルばなし > 今話題のUSTREAMをiPhoneから使ってみた

今話題のUSTREAMをiPhoneから使ってみた

ソフトバンクが買取っただの何かと話題のUSTREAMですが、ライブ配信が出来るとは聞いていたものの、正直YouTubeとどう違うの?という疑問がありました。なのでUSTREAMが如何ほどのものかiPhoneで実験してみました。

まず下の赤枠のUSTREAMのBroadcasterアプリを無料ダウンロードし起動

予めアカウントを取ります。アカウントがある人はID、パスワードでログイン。

LiveかLocalを選びます。Liveはまさに今からiPhoneで撮影する動画をリアルタイムでライブ配信します。LocalはいったんiPhoneに動画を取り込み、後にアップロードして配信します。今回はLive配信を選択。

右下の「GO LIVE」ボタンを押すとリアルタイムで今写っている部分がUSTREAMで配信されます。配信されているかどうかを確認するには下の画面中程にあるURLをPCに打ち込むと表示されます。私の場合配信されるアドレスは http://ustre.am/fZHd です。

実際にiPhoneで撮影しながらPCで確認するとリアルタイムで流れてました。時間差は1秒遅れぐらい。

配信停止は同じく右下ボタン。その横のボタンでツイッターでつぶやくこともできます。

停止すると今撮影したものを保存するかどうかを聞いてきます。YESだとYouTubeのようにアップロードされていつでもだれでも何回も見ることができます。NOでライブ配信のみとなり、見逃した人は見れなくなります。

上でYESを押すと下の画面。グリーンのボタンでアップロード開始になります。

facebook、twitter、YouTubeで共有することもできます。

アップロードされたのはこんな感じ。

あと、設定でライブ配信スタートしたと同時にツイッターでみんなに知らせることもできます。twitterのところをONにします。

実際ライブ配信されると書き込まれてました。一番上のつぶやきです。

リンクをクリックした人はライブ配信が見れるということです。

いやーすごい。ライブ配信ってのはすごいよ。まあ、普通この仕組を考えたらヤバイ映像とか流されたらどうすんの?とか考えてやめてまうでしょ。それを普通にやってしまってるのがすごい。いずれ何かの規制がかかるような気もしますが。

システム自体はどうなっているんだろうか、ウェブカメラの原理を使ってるのだろうと思うが。

考えてみるとUSTREAMは個人が放送局になれるということですね。街中で事件でも起きて、その時iPhoneを持っていれば撮影したものがリアルタイムで配信されます。ツイッターにフォロワーがたくさんいれば、配信と同時にツイッターから視聴者が来るし、facebookにも友達がいればその人達にも情報が伝わる。そう考えるとmixiはガラパゴス化していってるのかもしれない。今や世界でSNSといえばfacebookなのに、日本ではmixiがいまだ根強い。海外のサイトを見ているとツイッター、facebookでシェアするボタンが必ず付いている。mixiはUSTREAMをシェアできないし、mixiボイスと言うツイッターもどきのようなものもやっている。facebookのような道を辿るべきだと思うのだが。

関連する投稿

WEB, iPhone, webサイト, アイデア, デジタルばなし , ,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.