Home > > 急に売れ始めるにはワケがある

急に売れ始めるにはワケがある

急に売れ始めるにはワケがある

勝間和代氏推薦!アメリカで200万部突破という本の帯につられて買っちゃいました。

今、制作中のあるサイトを年末に公開予定なので、何かいいマーケティング方法が書かれているのではと思い買ってみました。

著者は何かモノなりが急激に売れ始めたりする劇的瞬間のことを「ティッピング・ポイント」と呼んでいます。

ティッピング・ポイントが起こる過程は伝染病と同じメカニズムととらえ、世の中に伝染させるためのポイントは媒介者、背景だと。

背景という意味ではニューヨークの犯罪がある時期激減した例を挙げています。

これはとても興味深い内容で、激減した理由は予算をつぎ込んで取り締まりを強化したといった理由ではなく、地下鉄の徹底した落書きの撲滅と、無賃乗車の撲滅によるものでした。

ガラスの割れている家には、泥棒が入りやすいように、地下鉄の環境を徹底して改善することが犯罪の激減につながったとということは大変興味深い内容であります。

何か、魔法のようなマーケティング方法があるのか最後の最後まで期待しましたが、そんなおいしい話はなく(そんなのがあればみんな実行しているのであり)終始実際に起こった実例と心理学と科学の見地からの実験に基づくデータで口コミ(伝染病)がひろがる理由が述べられています。ようするに伝染病がひろまる理由はこうだから、魔法のマーケティングはそこから自分で導きなさいよ、と諭されているような感じです。

魔法のマーケティングは書かれていませんでしたが(むしろ書かれていた方が胡散臭く感じてしまうのですが)「ほーなるほどな、口コミっちゅうのはこういう風な理由で爆発的人気を呼ぶのか」というメカニズムが分かりました。

広告代理店やwebマーケティング専門の方などにはおすすめの一冊です。

急に売れ始めるにはワケがある ★★★★☆

関連する投稿

,

  1. コメントはまだありません.
  1. トラックバックはまだありません.