Archive

Archive for 6 月, 2007

加藤哲郎コミュのオフ会

6 月 23rd, 2007
Comments Off

ご無沙汰してました。ブログを書く時間がなかなかとれない今日この頃でした。

もはや1週間が経とうとしていますが、先週の日曜日に焼肉『猛牛軍団』で開催されたmixiの加藤哲郎コミュのオフ会の模様を報告します。

加藤哲郎氏とは知る人ぞ知る、あの「巨人はロッテより弱い」の発言で有名な元近鉄バファローズの投手であった方です。

ゴッスンは仕事の関係上から知り合うようになり、コミュの管理人を務めるようになりました。最初は、気軽に考えていたコミュの管理人も人数が増えて来ると少しびびってしまいます。

現状180人ほどのコミュでオフ会を開けば1割の18人の方が集まったのですから、単純に1000人のコミュになれば、100人のオフ会になるの?というびびりが入ります。(知~らない、そんなに大人数になっても (^_^;) )
オフ会というのは生まれて初めての参加で、うれしさ半分ドキドキ半分で始まりました。

ゴッスンはコミュニティの管理人を務めているにもかかわらず、予定時間に30分ほど遅刻をすることになってしましました。

というのも『猛牛軍団』へ向かう道中、駅から出て全く違う方向に歩いてしまったのであります。

12時の方向に行かなくてはならないとすれば、4時ぐらいの方向に20分近く歩いてました。ヽ(;´ω`)ノ

現場に付けば当然始めてのオフ会なので知らない人ばかり。

オフ会幹事の中学、高校時の同級生『だいくさん』がしっかりと仕切ってくれていました。

まずはビールで乾杯!!ウメーーー!(そらそうですわ。道に迷って炎天下50分ほど歩いてましたから)

焼肉も最高↓

これが噂の猛牛コロッケ↓

場の雰囲気に少し和んで来ると、一体どんな方たちが来ているのか気になりました。

いろんな人に話掛けてみると、やはり集まってこられた方は大の近鉄ファンではないですか!!

なぜこんなにびっくりするかというと、クイズのコーナーがあったのですが近鉄のすんごくマイナーな選手の背番号とか簡単に当ててしまうのです。クイズを考えた加藤さんもびっくりするぐらいでした。

また、昔の『プロ野球選手名鑑』を破れるぐらい読みつくした方や近鉄のフラッグや赤堀選手のグラブを持参した方などがいたからです。

こんな感じ↓

赤堀選手のグラブ↓

クイズコーナー↓

そういう方々をみているとつくづく私が管理人をしていていいのだろうか?と思ってしまいました。

加藤さんとのツーショット記念撮影なんかもあったりしてゴッスンも撮ってもらいました。

炎天下歩きまわったのとやや緊張気味のためかわきの下に汗が(見るなーー!! (#`ε´#))

オフ会終了後は、みんなでカラオケ2次回へ

加藤さんのすばらしい歌声はやや感動。

私が企画したオフ会ではありませんでしたが、今回参加してみてオフ会も楽しいもんだなと感じました。

集まった方々は、気の良さそうな人たちばかりだったので安心しました。

オフ会に参加された方々お疲れさまでした。

これからもよろしくお願い致します。(^O^)/

ブログ ,

リクルートのDNA 江副浩正 著

6 月 12th, 2007
Comments Off

『リクルートのDNA』なる本を新聞の書籍紹介のところで見つけたので読んでみました。
なぜこの本なのかといいますと、まず著者が江副浩正氏が書いた本であるところに非常に興味を持ちました。
江副氏はリクルート創業者であり、巨大企業へと育てた方であります。
それ以外にもリクルート出身で起業し成功されている方が非常に多い。何故これほどまでに、リクルート出身の方々が成功するのかという事が、この本に隠されているのではないかという所に非常に興味を持ちました。
これほどまでにパワーのある若々しく、またブランドイメージのある企業に成長した理由はなんだろうか?この本を見ればその答えが見出せるのだろうかと思ったからです。

本の中でとても印象に残った言葉は「自ら機会を創り出し機会によって自ら変えよ」です。

今の自分に照らし合わせると非常に参考になる言葉です。

またリクルートでは、「社員皆経営者主義」をとっていて、ある企画を行う場合全てそのチームに任せる体制をとっています。

いわば社内で起業しチームリーダーは経営者になれるということです。幹部は一切口を挟まないようです。

この辺りにリクルート出身の人たちが成功する一因でもあります。

起業を志す方にはとても勉強になるのではないでしょうか。

いい本は本当にすぐに読めてしまいますね。

江副 浩正

リクルートのDNA―起業家精神とは何か

,

大日本人

6 月 3rd, 2007
Comments Off

松本人志初監督作品、大日本人見てきました。スパイダーマン3と迷いましたが、松本人志の笑いは大好きなのでそっちに賭けてみました。初監督であっても笑いの天才は期待を裏切らないだろうと信じていました。

結果から言うと大日本人を選んで正解!スパイダーマン3も面白いとは思うけど、大日本人全く後悔なしでした。

初監督でひょっとしたらこけるかなという心配も少しはよぎりましたが、大笑いさせていただきました。

あんな展開の映画は他に類をみないですね。

前半スローな展開でシュールな笑い。話の内容がつかめるまでは少し退屈に感じるかもしれません。中盤あたりからかなり笑かせてもらいました。最後のCGから実写版になりエンドロールが流れている時の、宮迫と大輔のやりとりも最高です。

終わってからの何か周りが気になる感じはなんなんでしょう。多分他のみんなもそう思ってるはずです。これは見に行った人しかわからない感覚です。

ストーリー性は全くといっていいほどありませんが、ある意味松本人志の発想というか笑いに感動しました。

感じとしては『ごっつええ感じのオジンガーのスペシャル映画版』て感じです。

ヒーローもんの映画なのに、何故か世間からは煙たがられているというところが松本人志らしい感じでした。

是非おすすめです。

大日本人

映画 , ,