Archive

Archive for 10 月, 2005

SOHOの日記念シンポジウム

10 月 30th, 2005
Comments Off

SOHOの日記念シンポジウム に行ってきました。
デジハリの仲間のO君に誘われたのですが、起業すべく私にとっては是非とも行っておくべきだと思い同じクラスの仲間のYさんと行ってきました。
基調講演ではDREAMGATEのチーフプロデューサーの吉田雅紀さん(たまたまこの方のメルマガを購読していた。)の楽しくて為に

なるお話や、パネルディスカッションでは、パネラーの方々の興味深いお話を聞けてとても参考になりました。
講演後には、立食式の交流会が催されそちらの方も出席し、いろんな方と名刺交換をしたのですが、慶応大学教授で日本SOHO協会理事長で、しかもW3C の理事をされている方や、大道芸人をとりしきっててディズニーランドやUSJに大道芸人を派遣してる方、3年前にデジハリ本科WEBデザイナーコースに55才で入学し、現在SOHOでご活躍されている方等たくさんの方々と交流を深め、とても有意義な1日でありました。
このシンポジウムによって起業魂がさらに燃え上がった次第でございます。

会社経営 ,

私の中のプチ革命

10 月 26th, 2005
Comments Off

最近の私の中でのプチ革命を紹介します。

それは、スカイプとインスタントメッセンジャーです。

スカイプと言うのは、ご存知の方も多いかと思いますが、要するにパソコンでの無料電話です。

世界中どこにかけても、スカイプユーザー同士は無料なのです。音声もクリアなのです。

またスカイプアウトと言う、有料サービスもあってスカイプから一般電話にかけられるけども、有料というサービスです。これも使ってみたのですが普通の一般電話に比べてとても安く、1分2.5円ほどでした。他に会議機能もあり5人まで同時にしゃべられるのです。

一方インスタントメッセンジャーと言うのは、要するに個人間でのチャットです。これももちろん無料でありますし、同時に複数でチャットもできるのです。

また、チャット中に、メールで送れないような容量の大きいファイルの送受信などもできるというとても便利な機能も付いているのです。

私がこのスカイプやメッセンジャーを知ったのは現在通ってるWEBデザイナー学校(デジハリ)の仲間に奨められて使ったのですが、本当に便利なものです。

そのWEBデザイナー学校で今回班5人で企業サイトを作り上げる課題があったのですが、このスカイプとメッセンジャーが大活躍でした。

それぞれ自宅に居ながらに作業してても、わからない所などをスカイプで聞いたり、班ではなしあわなければならない事を、スカイプの会議機能使って行ったりでとても便利なものでした。またスカイプで、制作物のことを話しあいながら、出来上がったファイルなどをメッセンジャーで、班の人に送信するといった使い方をしておりました。

このスカイプとメッセンジャーがなければ、日を決めて学校に集合し、ファイルの受け渡しもその時にするという事になるので、作業の進行がものすごく遅れていたのではないかと思います。

実際のWEBの業界でもスカイプは、使われているみたいです。

ここで私の近未来予想。

パソコンもどんどん小型化になるし、いずれは携帯電話ぐらいまで小さくできると思うのです。全ての機能をつけなくても、パソコンにスカイプのみの、機能をつければ、今では街中では無線LANという、インターネット網を張りめぐらせようと言う動きがありますので無料の携帯電話が使えるようになるのではないでしょうか。

今日の格言

心が変われば態度が変わる。

態度が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。

デジタルばなし , ,

私の頭の中の消しゴム

10 月 8th, 2005
Comments Off

昨日映画『私の頭の中の消しゴム』の上映試写会に行って来ました。

デジハリでの講演会を受けた際、試写会のチケットを頂いたので、普段はこういったラブストーリーはあまり見ないので正直乗気の

ないまま行きました。

行く道中「退屈で寝てしまったらどうしよう、時間もったいないしな寝てしまったら」などと考えながら行ったのですがいざ上映されると、

どんどん引きこまれていく自分がいました。

中盤から後半にかけては、とめどなく涙がこぼれどうしよもありませんでした。映画やドラマであそこまで泣いたのは生まれてこの方

初めてです。(最近歳をおうごとに涙もろくなってるけどなー)

主役のキム・スジン役のソン・イェジンさんはとてもかわいらしい方で演技もとてもすばらしいものでした。

チェ・チョルス役のチョン・ウソンさんは今や韓国ではトップスターらしくとても男前でかっこよすぎました。彼は映画の中では現場監督

役でしたが私も以前は現場監督をしてたのですが、まるで自分を見ているぐらいいい男を演じていました(ここ笑うとこ)

少~しだけ内容をいいますと、愛し合う2人なのですが、彼女の方がアルツハイマーにおかされて行きだんだん記憶がなくなるという

ストーリーなのです。サブタイトルにあるように「彼女の記憶が消える時、愛までも消えてしまうのだろうか」 「死より切ない別れがある」

と言うのを考えさせられた映画でありました。

10月22封切ですので、みなさん是非行ってみてください。行く時はハンカチを持っていくのをお忘れなく、涙でスクリーンが見えなくなり

ますよ。

映画 , ,