Archive

Archive for 8 月, 2005

電子マネー

8 月 25th, 2005
Comments Off

近頃は電子マネーというものが普及しはじめました。

小銭をちゃらちゃら持たなくても、カードや携帯電話にストックできるそうです。

私はまだ電子マネーというのを使った事はないのですが、デジタル関係に携わる以上、情報収集という意味でも早いとこ使ってみたいなと思っています。

種類としては、ソニー系のエディーとかJR系のスイカ(スイカといってもスイカ割りのスイカで買い物はできませんよ)

などがあるそうです。

いつも疑問に思うのですが、こんなにウィルスや、ハッキング、官公庁サーバー侵入だのと騒がれてる時代に、電子マネー

なんぞは簡単に偽造(偽造という表現は語弊がありますが)されてしまうんじゃないかと思うのですが。

お札だと物理的に、色があせてるとか、透かしがないとか、線が1本足らないという風に、偽札かどうか判るのですが

、電子マネーだとお店の人も「あっ今の人、偽の電子使った!」っていう感じにはならないと思うのですが。(考えが甘い?)

電子マネーもいろいろと対策は講じてるでしょうが、所詮は人間が作ったものですから、偽造はできると思うのですが。

極端な話電子マネー開発者は、偽造の仕方はわかってるんだと思います。

もし電子マネーの偽造が行われたとしても、お札の場合であれば、指紋やインクの種類などで、犯人を突きとめるのは可能ですが、電子マネーの場合はどうなるんでしょうね。

話は変わりますが、お金といえば国の借金が700兆円もあるそうです。

3年ほど前だったか久米宏さんがニュースステーションでご健在のころ借金は660兆円でした。たしかその利息が1秒間に何十万円

か増えてるとおっしゃってました。そんなに金額が大きかったらそら700兆円にもすぐなるわなってかんじですね。

しかし、デフレや借金や不景気だの言いますが、簡単な解決策があります。それは国がいっぱいいっぱいお金を刷ることです。

いかがでしょうか。
(貨幣価値が下がってインフレになりますね)

今日の格言  チャンスも夢もいつも目の前にある、逃げるのはいつも自分だ。

チャンスとか夢というのはいつでも目の前にあるのですが、チャンスをチャンスだとわからなかったり、チャンスを掴むアンテナを普段から張ってなかったためにとりにがしたり。又、自分には夢はかなえられないとあきらめたにもかかわらず、逃げていったのは夢だと考えがちです。

夢はあきらめた時点でかなえられなくなります。

夢をあきらめていないのに、夢でなくなる事はありません。

あきらめずに実現するまでがんばりましょう。

デジタルばなし , ,

我が家に家族がふえました

8 月 23rd, 2005
Comments Off

といっても実はめだかです。吉本の池乃めだかさんが

居候してるわけじゃありませんよ。

コーナンで5匹のめだかを買ってきました。

1匹50円。

昔住んでた家の横には池があったのですが、よくザリガニ釣りのちくわによってきたものです。

今ではとんとみなくなりました。

あみでワサーっと救うと、20匹ぐらいがピチピチはねて捕れたものです。

20匹=1000円を簡単に捕ってたのです。

めだかを見てるとなんだか癒されますね。

これを書いてると弟が小学生の頃友達と道路に台を置いて,捕ったザリガニを中学生の女の子に「買えや、ブス」といいながら1匹50円で売ってたのを思い出します。(もちろん1匹も売れなかったけど)

そういえばこの前水路でアメンボをみかけました。

まだアメンボっているんやとびっくり。

オレ流なつかしの生き物→おけら(スコップみたいな手がかわいい)、あめんぼ(とても不思議なアイテム)、しょっくん(食用がえる、別名うしがえる。かえるのくせにモーモー鳴く)、ざりがに(尻尾をちぎってそれでまたザリガニを釣った)、めだか、にーにーぜみ(胸につけてバッジ

代わりにした)、おにやんま(あみでとっても掴むのが怖いくらいでかかった)、かぶとがに(まるで恐竜時代の生き物)、ばった(台風のときに飛ばしたら死ぬほど遠くまで飛んでいった)、みのむし(絶滅の危機に瀕しているらしい)、かたつむり(近頃は梅雨の時期でもおおきな

でんでん虫は見なくなった)、玉虫(イラレで描けないような輝かしさ)、かみきり(髪を切るのか紙を切るのかわからない)、くさがめ(草の生えてるとこにいるからくさがめらしいが実際釣れるとくさい)、and so on・・・

なつかしいねー。。。。。。。。

ブログ

志高く

8 月 20th, 2005
Comments Off

志高く 孫正義正伝 』 井上篤夫 著

今や日本のIT業界最大手ソフトバンクの創設者であり社長の孫正義氏についての本であります。

この本は、孫正義氏の生立ち、青春時代、会社設立時の苦労等、事細かく書いてあります。ソフトバンクってどんな会社だろう?孫さんて一体どんな人?という疑問はこの本を読めばわかりやすく書かれています。

アメリカの大学留学中に、当時日本で大ヒットしたインベーダーゲームを、アメリカに持ち込んでヒットさせたのは孫さんであり、また同じく学生時代に電子辞書を考えて、シャープやカシオに売り込んでヒットさせたのも彼であります。

“トタン屋根の会社。そこにりんご箱の演題をこしらえる。その上にのって、社員とアルバイトのふたりに熱っぽく語った。「売上高、五年で百億、10 年で五百億」「いずれは売上は豆腐のように一丁(兆)、二丁(兆)と数えたい」  (中略)  まもなく、社員もアルバイトも去った。憑かれたように野望を語る孫の言葉にあきれたに違いない。ドン・キホーテ。たしかにドン・キホーテであった。だが青春のドン・キホーテであった。・・・・」”( 本文抜粋)

会社設立間もない頃こんなばかでかい事を語っていたそうです。なんとも事をなす人は、言う事もスケールが大きいですね。

これから、なにかにチャレンジしようと考えてる方や、とにかく気合を入れなおしたいという方、痛快に描かれたこの孫正義正伝を読んで奮起してください是非おすすめします。


井上 篤夫

志高く 孫正義正伝

, ,

音楽配信

8 月 17th, 2005
Comments Off

先日AppleのITMS(アイチューンズミュージックストア)で日本での音楽配信が開始されましたが、音楽の供給媒体が私の歩んだ36年間でずいぶん変わったなーと感じる今日この頃です。

私が物心の付いた頃には、カセットテープは食パンの一斤ぐらいの大きさでした。今では考えられないくらい不細工なものです。

もちろん主流はレコードでした。その頃叔母さんに買ってもらった、「黒猫のタンゴ」のレコードをよく聴いたものです。レコードの時代は長く続きました。中学生の時には松本伊予や堀ちえみのLPレコードを買ったのを昨日の事のように思い出します。

カセットテープもいつの間にか小さくなり手帳ぐらいの大きさになりました。よくレンタルレコード店でレコードを借りてカセットに録音したものです。

高校2年生ぐらいだったでしょうか、突如としてCDというものが現れあっという間にレコード店からレコードの姿がなくなってしまいました。それはそれは本当にあっという間の出来事でした。

CDの時代もレコードの時代のように長く続いてます。今もなおCDが主流ですよね。

しかし今インターネットの音楽配信が旋風を巻起こそうとしているのではないでしょうか。CDがレコードに取って代ったように、音楽配信もCDの座をあっという間にさらっていきそうな気がします。

音楽を一曲一曲買えて、iPodのようなポータブルプレーヤに移してどこでも音楽を楽しめる、もちろんお店にわざわざ買いに行かなくても家で購入出来る。ミュージシャンの方にも変化が現れるでしょう。いままではレコード会社に所属していましたが、いずれはITMSなんかに所属するミュージシャンが出てくるんではないでしょうか。

そして音楽配信の時代が長く続き20年後くらいには、また変化が現れるのでしょうか。

私の無理やり予想→20年後には、世界中に無線で音楽が配信されていてiPodのようなプレーヤに自分のすきな音楽を登録し、聴きたいときは登録した曲をPLAYすれば無線音楽網から自動で音楽を取って来る。ダウンロードは出来ないが1回聴くのに1円ぐらいで聴けたりする。

どうでしょうかこの予想、20年後には私が配信しているかもしれませんよ。

今日の格言  ”この世には自分の解決できる以上の事は起こらない”

裏を返せば、この世で自分に起こる全ての出来事は全て解決できる事という事ですね。

生きていると様々な困難が起こりますが、努力すれば解決できるのであり、解決出来ないのは、その困難から逃げているからです。

解決できる事しか起こらないのですから、何事に対しても自信を持って行動しましょう。

ブログ , ,

高校野球

8 月 13th, 2005
Comments Off

今日は久しぶりに甲子園の高校野球をみました。

高校野球を真剣に見たのは、何年ぶりでしょうか。

地元関西の名匠三原監督率いる京都外大西高校対岡山代表関西高校の試合でした。

先制したのは京都外大でしたが、岡山関西はホームラン二本を含む13安打で10?4と引離すのですが8回からの京都外大西の猛攻で6点差をひっくり返し結局12?10で京都外大西の勝利。すばらしい試合を久し振りに見ました。

このまま行けば京都外大西は、いい所まで行くんではないでしょうか。

いい試合と言えば約25年前の和歌山代表箕島高校対石川代表星凌高校の延長18回の逆転に次ぐ逆転の歴史に残る1戦を思い出します。

このメールを打ちながら次の試合を見ているのですが、なんなんでしょうか大阪桐蔭のピッチャー。

無茶苦茶速い球を放るじゃないですか!!

ブログ ,

携帯telからブログ投稿!

8 月 12th, 2005
Comments Off


携帯電話からアメブロに投稿できるそうなので、今日はお盆のお墓参りで豊岡、網野方面へ来ているためパソコンから三日間離れるのでちょうどそれをためすよい機会とばかりにメールを打ち込んでいます。
このメールは、果してちゃんと反映されているのでしょうか?帰ってからのお楽しみです。
さてみなさん!お盆です!お盆にはお墓参りに行って、ご先祖様に感謝の思いを伝えましょう。ご先祖様のおかげで私達がいるんですもんね。心がすーっと落ち着いたりしますね。(*^_^*)

しかし携帯から打ち込むのは、慣れてないので時間がかかりますわ。(^з^)-☆Chu!!

ブログ ,

ビデオテープ

8 月 7th, 2005
Comments Off

今日押入れをごそごそしていると、ビデオテープが出てきた。

しかもVHSでなくてβの。βを知ってる人はこのブログを読んでいる人で何人いるだろうか?

そしてそのビデオテープは、高校時代に文化祭でやったドッキリカメラのビデオでした。

私が司会なんかしてたりする、かなりダサダサなはずのやつ。

そしてたしか私がゴリラの覆面をして掃除箱に隠れてて、授業中に「ワーーー」って飛び出してきたりもする、これまたダサダサな感じのやつ。

こっぱずかしいけど、見てみたい。

まさかβのビデオテープからDVDに書き換えることはできひんよなー。

あと中学生の頃の生徒手帳が出てきたので、今日買ったスキャナーでよろこんで写真をスキャンしてみたりもしました。(プロフィール参照)
「あーよかったなー学生時代 って今も学生やんけーーー」(←のりつっこみ風に)

ブログ ,

Appleとブランド

8 月 5th, 2005
Comments Off

前回はAppleの音楽配信について書きましたが、今回もAppleについてです。

Appleと聞けば、みなさんすごいブランド力を想像すると思います。

iPod、itune、mac、きれいなキーボードetc…

とてもおしゃれな感じで、ブランド力を感じさせます。

でもよく考えてください、Appleって日本語に訳すと”りんご”ですよ。

日本で”りんご”とか”みかん”ってメーカーのパソコンがあったら買いますか?

なんだか、ナウくない(かなり死後)ですよね。

結局どんな名前でも、もともと名前自体にはブランド力はなく企業価値が名前にブランド力を持たせるのではないでしょうか。

今日の格言

“人間の苦悩の大部分は想像のなかにあるだけで、笑ってふきとばしてしまえるものが多い” (アンドリューカーネギー)

ニューヨークのカーネギーホールを寄付した、アメリカの鉄鋼王

私たちが普段、大なり小なり苦しんでいる事は実は、自分の頭の中で想像していることが多いと思います。

まだ起こりもしていないことを、「こうなったらどうしようとか」、「自分には出来るだろうか」とか、「自分は嫌われてるんじゃないか」といったように自分で自分を苦しめているのです。

悩んでいる人を傍から見ていて、なんでそんな事に苦しんでるんだろうと思った事があると思います。

とにかくtryしてみては。失敗すれば勉強になりますね。

ブログ ,

Appleついに日本で楽曲配信

8 月 4th, 2005
Comments Off

Appleがついに日本で楽曲配信を開始しました。

昨日阪急梅田駅にやたらとipodの広告がしてあったので、「Appleも広告にお金かけんねやなー」と思っていると今朝の新聞に『Apple本日より音楽配信開始』の見出しを発見。

「このために梅田駅に大々的に広告を出してたのか」と納得。

8月からとは聞いていたので楽しみにしていたのですが、まさか今日とは、何の前触れもなく。。。

つい2,3日前にAppleと日本の音楽協会みたいなところと、折合いが着かないと言っていたのに。

早速apple.co.jpにアクセスし、昨日まで外泊中であった我がシャッフ郎くんにダウンロードしようとしたのですが、本日サイトがrauntiのためか何だかおかしい、うまくいかない。。。

世界のAppleがなぜだろう。

再度チャレンジしてみるべか。
今日の格言  ”最大のリスクはリスクを恐れて挑戦しない事だ”

何か物事をなすときは、何かしらのリスクは必ずありますね。そのリスクを勇気を持って乗越えてこそ何らかのリターンがあるのです。リスクを恐れて逃げていると、得られるものはありません。

ブログ ,

怒りといういこと

8 月 1st, 2005
Comments Off

前回の”欲”に続き今回は”怒り”について考えてみましょう。

カッとなってけんかをして、相手に怒りをぶつけたとしましょう。

怒りをぶつければぶつけるほど、怒りが収まったという人はいないと思います。

怒れば怒るほど、怒りは増幅して増大していくのです。

自分の部屋が勝手に片付く事がなく、自然と散らばっていくようにコーヒーに垂らしたミルクが広がるように

怒りにも自然界の法則、エントロピー増大の法則が働くのです。

怒れば怒るほど収まりのつかなくなる、マイナス要因に増えていくことが分かっていることに、エネルギーを費やしても仕方がないんです。

そして私たちには、カルマの法則というのも働きます。

(カルマの法則はご存知の方が多いと思いますが)

池に石を投げると、水は波紋となり広がっていきます。

広がった波紋は草や木や石や岸に当たってはね返って来ます。

私たちが吐いた言葉や、想念は必ずはね返って自分のところに帰ってきます。

いいものを出せば良い形で、悪いもの(人の悪口などもそう)を出せば悪い形で帰ってきます。

わざわざ悪いものを自分から出して不幸になる必要はないのです。

また腹が立つというのは、自分の権利なり、主張なり何か自分というものが少しでも侵された時に沸き起こるのではないでしょうか。

いかなる人に対しても、相手を思いやる心をもてれば怒りは沸き起こらないのではないでしょうか。

前回に続いて怒りも欲と同様、仏教の煩悩の中の三毒の中に含まれます。

とにもかくにも、けんかをしたり相手と闘うエネルギーを”忘れる”という努力にエネルギーを使うのが最善の方法ではないでしょうか。

(議論したりするのは大切だと思いますが)

みなさんも、欲や怒りといったものを絶ち切りそしてポジティブな良い言葉や想念をだして平和な人生を送りましょう。

ブログ , ,