Archive

Archive for 7 月, 2005

欲ということ

7 月 29th, 2005
Comments Off

この前、何気なしに”欲”という事を考えました。

人間には必ず”欲”がある。

物が欲しいとか、お金が欲しい、名誉が欲しいとか・・・。

欲の影には必ず、危険が潜んでいるのです。

例えば、信号が赤になりかけてるのに渡ろうとすると(向こうに渡りたい欲望)事故に遇う確立は極めて高くなります。

兄弟が遺産相続でお金を取り合いする。(金銭欲)兄弟絶縁になったり、裁判沙汰になったりする。片方でも欲がなければ大丈夫なのですが。

どんな些細な事でも欲にはマイナス要因がつきまとうのです。

また、欲張っている姿は必ずみにくい姿なのです(ダサいのです  もう死語?)。

赤になりかけであわてて渡ろうとする姿、ましてや事故でもしたらもっとみにくいし、兄弟で遺産を取り合いする姿もみにくい。おばちゃんたちがバーゲンで服を引っ張りあいしてるのもみにくい。

私は仏教徒ではないのですが、仏教には108つの煩悩というのがあります。煩悩とは私たちを「煩わせ、悩ませるもの」であります。そのなかに三毒というのがあって、そのひとつに貪欲(とんよく)というのがあります。仏教では煩悩を断ち切りましょうという教えです。

欲というのは、なければないで欲しいし、あればあるでもっと欲しいのですが、欲というのは人を悩まし、苦しめるマイナス要因のかたまりなのです。

私も日ごろ欲張らないように努めています。みなさんもマイナス要因のかたまり”欲”を断ち切る努力をしましょう。

ブログ , ,

人生は逆算

7 月 22nd, 2005
Comments Off

人生は逆算です。みなさんは自分の将来のイメージを明確に描いているでしょうか?自分のなりたいイメージを明確に描いてこそ、その人物になれるのです。イメージしたものを実現させようとするのが人間なのです。人間がイメージ出来るものは全て実現可能なものなのです。

例えばハリウッド俳優は何年も前から、必ずなるんだと決断し、イメージし、努力した人だけがなれるのであって、なんだか俳優をやってたらたまたまハリウッドスターになったという人は決してひとりもいないはずです。いたとしても何日と持たないでしょう。

将来の自分の像をイメージする事で、20年後にはこうなっておかなければ、10年後にはこんな事をしておかなければ、じゃ5年後にはこれを達成しておかなければ、1年後にはこれを、だったら1ヵ月後には最低こんな事を、1週間後は・・、だったら今こんな事をしてる場合じゃないじゃないか、と自ずと行動計画も出来てくるのです。

いつもテレビばかり見てしまうとか、「今日はなんだかのらないなー」って感じでただ時間だけが毎日過ぎてしまう人は人生を逆算する事で一発解消です。

仕事でも、勉強でも”今日は絶対ここまでするぞ!(それが出来るかどうかにかかわらず)”ていうのと”ただやってみてここまで出来た”って言うのは雲泥の差があるはずです。

ただ闇雲にがんばるのもいいかもしれませんが、なりたい自分に向かって努力するほうが、遥かに効率がいいはずです。

私も実践中です。みなさんもなりたい自分に向かってがんばりましょう。

具体的に頭の中で将来像をすぐに描けないという人は、今すぐ紙と鉛筆を持ってきて、そこに”何年後にはこうなるんだ”と書いて自分自身に契約を結んでください。今日からあなたの人生はガラッと変わるはずです。

『プロフェッショナルマネージャー』にも似た事が少し書いてありましたが、この本は、なかなか骨のある本で読破するのは困難かもしれませんが一度tryしてみてください。ユニクロの会長(今度社長にまた復帰するみたいだけど)の柳井 正さんが何度も読み返した教科書だそうです。

ハロルド・ジェニーン

プロフェッショナルマネジャー

今日の格言   ”月に行きたいなら星をめざせ”   タイガーウッズの父アールウッズ

今日からブログを書く毎にいろんな人の格言を載せていきます。

会社経営 , , ,

パトカー?

7 月 18th, 2005
Comments Off

この前、高速道路を走っていた時「あっパトカーや」と思ったら、よく見ると屋根に付いている赤のキラキラがない。

その代わり、スキーのキャリアに、なんやらそれらしき物を乗せてました。

そこには”指導者”と書いてありました(笑)。

とりあえず、スピードダウン。

周りの車も全部スピードダウン。

横に並んだときに見ると”路線連盟”と書いてあるのです(笑)。

パトカーまがいの車でした。

あんなんええんやろか。

ブログ ,

宵山に酔いしれる

7 月 16th, 2005
Comments Off

“コーンチーキチーン、コーンチーキチーン”

今日は京都祇園祭の宵山に行って来ました。

人人人人・・・・どっからあんなにたくさんの人が集まるんでしょうか。

長刀鉾の前を通過するときには、人が多すぎて酸素が薄かったような気がします。

あの大きな四条通り、烏丸通りが歩行者天国になって人でぎゅうぎゅう。

何百件もの夜店。

学生の頃は京都に住んでいましたが、一回も行った事がなく、こんなにすごいものとは夢にも思っていませんでした。

警察は何百人動員されているんでしょうか。

車の通行よりも、何百年も前から続く歴史の方が優先されるんですね。
鉾を見てふと思いました。

「大昔の人にとって山鉾巡行は、現代のディズニーのパレードみたいなもんやったんかなー」と。

ブログ , ,

デジハリ課題が公式ホームページとして採用

7 月 15th, 2005
Comments Off

先日デジハリの第1回課題が無事終了しました。みなさんおつかれさまでした。先生からはダメだしもされましたが、それもまた勉強。

さてその課題なのですが、課題の題材とさせて頂いた中華料理のかどや飯店さんに、見てもらいコカコーラ1本と製作物を交換し(実際は「あんたコーラでも飲みーな」)、そしてまた公式ホームページとして採用していただくことになりました。是非ともみなさん一度見てください。アドバイスがあればお願いいたします。

かどや飯店

デジタルハリウッド , , ,

夏の思い出

7 月 15th, 2005
Comments Off

今朝目覚めると「シャンシャンシャンシャン・・・」とせみの声

「あーもうすぐ夏やなー」

夏といえばいつも思い出すのが小学校低学年の時の夏休み。

家の隣に大きな池があったので夏休みになると宿題などほっちらかしでいつもザリガニ釣りをしたり

また近所の公園で野球をしたり、べったんをしたりと、とにかく遊びまくっていました。

夏休みになると”夏休み子供マンガ大会”みたいなのを午前中にずっとテレビでやってたりするので夏休みは楽しくてしょうがなかったのです。

そんなお気楽な私を見かねて母はいつも「こらー勉強せんか!」の連発でした。

ある時私が算数の九九を覚えないので、遊びたくて仕方ない私を引き止めて一緒に九九を覚えさせようとしたのですが、あまりにも不真面目に習う姿をみて「ええ加減覚えへんかったらプラモデル全部つぶしてまうからな!」。

母は普段はとてもやさしいのですが、カーッとなると瞬間湯沸かし器のようになってしまうのです。

私は幼い頃プラモデルを作るのが好きで、作ったプラモデルを10個ぐらいタンスの上に自慢げに飾ってたのです。それを九九を覚えなかったら全部つぶすというのです。

子供心に”そんな事する人おらんやろ何ぼなんでも。ましてやうちの親に限って。つぶせるもんならつぶしてみーや”と心の中でそう思っていました。

まさかつぶすとは思ってなかったので、相変わらず身が入らずやっていたら。とうとう切れて本当に私の大事な大事なプラモデルを全部粉々にしてしまったのです。

私がその場で大泣きをしたのは言うまでもありません。
「算数がいややったら絵でも描いてこい」と言う時もあり、また不真面目に書いた絵を見て目の前でビリビリに破られた事もありました。「もう一回ちゃんと書いてこい」いやいやながらも今度はまじめに書きました。自分では、また破られるんちゃうかと不安ながらも渡すと

「あんためちゃくちゃ上手やん。すごいわ」”ズッコケ”って感じでした。市の展覧会にも私の絵が選ばれる事があったので、絵を描くのは得意だったのです。

そんなつらい思いをしたにもかかわらず、また遊びほうける私を見かねて、夏の暑い日に「おもてに立っとけーっ!」と。

“おもてに立っとけって学校の先生じゃあるまいし”と思いつつ抵抗できずにおもてに立たされていました。

そうこうしているうちになんだかすごく悲しくなってきて”家出をしよう”と決めたのです。小学校3年の夏でした。

どこか遠くにいこうと思ったのですが、とりあえず家の前の草むらの中に日が沈む頃に隠れて様子を見よう。もし誰も探さなかったらそのまま遠くに行こうと決めました。

母は、夜になっても帰って来ない私をおかしいと思ったのか私を必死に探し始めました。

「せいごー、せいごー」

「絶対出ていかへんからな」

「せいごーせいごーどこいったん」

だんだんとその姿が切なくなりとうとう私は出て行ったのです。

「なにー」

また怒られんじゃないかと不安ながら。

でもそのとき母は泣きながら

「どこいっとたんな」と私を強く抱きしめてくれました。この時いつも怒ってばかりの母でしたがすごく愛情を感じました。

成人してからこの話を母にすると恥ずかしそうに「もうやめてその話。あの時は子供育てるのに必死やってん。とにかくあんたらがあほな子になってほしなかってん。ほんまにあんたらには悪かったとおもてるわ。」と反省してました。

そんな算数の苦手だった私も、理数科系の大学をなんとか卒業し今に至っています。

幼い頃にはなんでこんな親のところに生まれたんやろと思ってましたが、今ではとてもとても感謝しています。

“ありがとうおかーちゃん”(泣)

ブログ , , ,

私の意外な習慣

7 月 12th, 2005
Comments Off

私の意外な習慣を紹介します。それは何かと申しますと、朝夕毎日欠かさず2回瞑想をしている事です。

瞑想と聞くと馴染みがない人が多く、何か宗教じみたサイケデリックな感じがする方がいると思いますが、私が行っている瞑想はそういうものではなく、宗教性を一切省いた純粋に瞑想だけをするといったものです。

私が瞑想を始めるきっかけとなったのは、本屋でたまたま見つけた『出来るビジネスマンは瞑想をする』という本をよんでからです。

瞑想をすると何がいいのかというと、精神が安定する(心が落ち着く、癒す)。健康増進。ストレス解消になる。不眠がなくなる。周りにいい事が起こる。運がよくなる。能力開発。集中力が高まる。自己実現を可能にする。人間関係が良くなる。アイデアが浮かぶ。その他数々があげられます。

瞑想中の体験としては、簡単に言うと”ドラッグレスハイ”な状態になり至福感に満ち溢れた状態になります。これは経験してみないと口ではなかなか説明しにくいものがあります。

私の事を前から知っている人は、以前の私と今の私は全然違うというぐらい瞑想をし始めて変わったといいます。私の中では自分が変わったという意識はないのですが。明らかに自分で変わったと感じるのは、瞑想するようになってからすごくよく眠れるようになったなということです。

瞑想にもいろいろあるみたいで、みなさんがご存知のヨガも実は瞑想の一種だし、禅僧が悟りを開こうと一生懸命座禅を組むのも瞑想の一種であります。

私の行っているのはTM瞑想といって、TMというのはTranscendental Meditationの頭文字で日本語に訳すと超越瞑想という意味です。

禅僧の瞑想というのは、禅問答をしたり、無の境地に入ろうと必死に努力をしないといけませんが、私の行っているTM瞑想というのは、マントラというじゅもんのようなものを心の中で唱える事でスーッとすぐに瞑想状態に入っていけるのです。ゴルフのタイガーウッズがショットを打つ前に、目をつぶってぶつぶつつぶやいてる光景がたまにありますが、あれはマントラを唱えているんだという人もいます。

超越というとなにかすごくうさんくさい感じがしますが、この瞑想の実践者はみなさんもご存知の有名人もやってて、名前をあげるとクリントイーストウッド、ビルゲイツ、ヒラリークリントン、ゴア元副大統領、ビートルズ、ソニー創設者の井深 大、京セラ創設者の稲盛和夫、へザーグラハム、ビルフォード等があげられます。この他にもスポーツ選手や日本の芸能人にも実践者が多数いるようです。ソニーや京セラでは社員にTM瞑想をすすめてたりもします。私の義理の母にもTMをすすめたのですが、すごく気に入ってもらっています。

私も最初TM瞑想を始めるときは、変な宗教だったらどうしようかとすごく不安でしたが、今ではTMに出会って本当に良かったと思っています。

TM瞑想は元々インド古来から伝わるものでマハリシというヨーギー(瞑想の伝道師=ビートルズが直接教わった人)がアメリカに広め、今ではアメリカでは結構知れ渡ってるみたいでTIME誌にも何回か取り上げられています。

これから社会に出ると、いろいろなストレスや、悩みといったものが生じると思います。又自己の実現を目指してる人もいるかと思いますが、是非とも私のお薦めなので興味がある人は一度やってみてはどうでしょうか。教わるのに最初だけお金がかかりますが、お金には変えられないものが得られると思います。

TIME誌

TIME誌2

藤井 義彦

できるビジネスマンは瞑想をする

ブログ , ,

Flickr

7 月 9th, 2005
Comments Off

Flickrというサイトをみつけました。

英語なのではっきりとは分からないのですが、どうやら自分の写真を公開するところみたいです。

公開せずに自分だけが見れるようにも、選択できるみたいです。公開されてある写真はデスクトップにでもドラッグアンドドロップで持ってきて使う事が出来ます。

きれいな写真がたくさんあるので、我々WEB製作にかかわるものとしては素材集のように使えるのではないでしょうか。(copylightに関しては良くわかりませんが)、ちなみに私のブログのプロフィールの写真をクリックするととびますので。

あとMercora music search というのもアメリカのサイトなのですが、いろんな音楽が無料で聴けるサイトです。たぶんダウンロードは出来ないと思います。

webサイト ,

みつかったかー。

7 月 8th, 2005
Comments Off

デジハリに入学してもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。ホームページ(正式にはWEBサイト)の作り方が分からなかった私も、第1回目の課題制作を通してそこそこのものが作れるようになりました。

自分一人で作ってたら挫折して止めてしまいそうな時でも、課題制作になるとそうは言っておれないので、なんとかかんとか最後まで仕上げる事が出来ました。

今回の課題を通して思ったことは、我流で学んでもWEBサイトを作るのは無理だなと思ったことです。学校で先生から直接学んだほうが、遥かに分かりやすいと言う事です。

授業で教わる事が毎日、感動するような事ばかりで「へーそんな事ができるんや」の連発です。分からない事があれば、クラスの仲間と教えあったり、お互いの出来栄えを見せ合ったりなかなか楽しいものがあります。

授業意外にもクラスの仲間と飲みに行ったりと、36才にしてこんなに楽しんでいいのかなと思ったりします。
話は変わりますが先日同じクラスの才女N子さんに私のブログをみつけられました。

「とーさん(私のクラスでの愛称)てゴッスン(このブログのペンネーム)って呼ばれてる?」

「”何を言ってるんだこの子は”」一瞬冷汗。

「とーさんブログ書いてるやんな?」

「なんで知ってんのん?  ”なんでみんなの前で言うのん?”」

「好きなゴルフも自粛してるねんなー。」

「”そういえばそんな事も書いたっけ。”」         ”  ” 内は心の中のつぶやき

特に隠すつもりはなかったのですが、みんなに公表するつもりもなく書いてたので、知人(デジハリ入学時にたまたま隣の席同士になった人→これも運命の出会い?)に知られるとすっごい恥ずかしいものがありました。

いままで誰も意識せずに書いていたのですが、読んでる人がクラスメイトとなると、少し意識してしまいますね。

でも今までと同じ感じで書こうと思います。今思えばブログを見つけてもらった方が良かったかなと思ってます。読んでる人が誰か分かってると書き甲斐もあるし。最近はブログをさぼっていたので、これでまた書く気が起こってきました。

その彼女とは、卒業後会社をやろうと決めているので(彼女の親は反対しないのだろうか?)、これからは、才女N子さんの事もブログに綴っていこうかな~~~と思います。

彼女はとてもユニークで頭がよく、デザインのセンスがとてもいい人で(こんなにほめてもいいのだろうか)とても魅力的な人です。

会社設立後はとーさん、とーさんと呼ばれると会社が倒産してしまいそうなのでせめてにーさんぐらいにして欲しいなと思ってます。

デジタルハリウッド , ,